.

ローンキャッシングした場合、お金を返す時には金利を含めての返済になるのは周知の事実です。カード会社は利益を目当てとした企業なのですから必然です。とはいえお金を返す方は、わすかでも少なく支払いたいと考えるのが本音でしょう。利息制限法が設けられる以前は年間30%近い金利を払わされていましたが、適用後は高利率でも年18%位ととっても低く定められていますので、かなりお得になったようです。最近のローンの利息枠は4%位から18%位の範囲に決められていて、利用上限額により定められます。利用限度額は申込者の信用によって決まります。総量制限により一年の収入の1/3までと設けられていますので、一年の収入がいくらなのか?どんな職についているのか?クレジットの使用状況はどうなのか?等が審査され与信限度額としてカードの内容が決まります。カードローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各会社で使用可能額は同じではありません)と広い幅があります。そうしてその間の中で定めた使用可能金額により利率も決まります。50万円なら年率18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった感じになります。要するに査定が高ければ、与信額も高くなり、利息も下がるはずです。この利率に疑念を受けるのは私しだけでしょうか?余談となってしまいますが、カード会社にとって、それらの事実は無論問題がない事でしょうが、収入の高額な人がキャッシングが必要とは考えずらいですし、仮にお金を借りた時でも金利が高かろうが低かろうが、お金を返す事に悩む事はないと思います。むしろ一年の収入の低い人は直ちにお金が必要なので借りる人が大抵です。利息が良くないとお金の返済に追われるはずです。ですから借り入れ可能枠の少ない人にこそ低利息で使用できるようにするべきなのではないでしょうか。この考えは使用するサイド側としての考えではあります。この事を考慮すると、利息を良くする為にはどのようにすれば良いのかおぼろげながら理解したのではないでしょうか。事実、これから述べる方法で、手続きを申し込む人が大多数なので紹介しますと、カードローンの手続きをする時に、収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みを行うのです。年収600万円なら200万円。審査で満額通ればそれだけ利子が安いキャッシングできるカードを持つことができるのです。であっても限度額ギリギリまでキャッシングしなければいけないわけでもないのです。1万円でも20万円でも必要な分だけの使用できます。また最高利用可能枠が300万円で最低利息年間7%位の金融会社もあるのです。その金融会社に申し込めばその会社の最低金利で使用できるはずです。どうでしょうか?アプローチを変えるだけで低利子のクレジットカードを持つことが出来るはずです。自分の一年の収入とカード会社の利息を比較し、検討する事に時間を掛ければ、より満足できる状況で返済ができるはずなので、ちゃんと調べるようにする必要があります。