.

自動車重量税、略して重量税は国産車とか外車等車の生産している国や四輪駆動車、セダンなど車のタイプに例外なく、たとえばスバルやジャガー、等にも普通に課せられるものなんです。新車登録の時、または車検に出す場合に支払いが発生するお金です。支払額はその愛車の車重によって決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」は全然違う税金ですので、基礎となる税金を理解して混同しないようにする必要があります。「自動車重量税はクルマの重量により」「自動車税は自動車のリッター数によって」その額が変わります。それで売却する際の対応も違いますし、注意が必要です。車を売却する時には支払い済みの車の税金がどれだけ残っていたとしても、その金額が戻ってくることはないです。一方で、自動車税の場合は、既に支払った税額を査定額に乗せてくれるという場合があるものの、重量税に関しては上乗せされるような場合はなかなかないといえます。重量税については、自動車を売る際支払い済みの金額があるからと言って自動車業者にてそのことが材料になることはほとんどないと思います。そのためその次の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで処分を少し待ち買い取りを依頼するという方法が一番良いです。中古車引き取りの時は考慮してもらえない重量税ですがあるケースでは還ってくる可能性があります。これにあたるのは車検期間が残っている廃車として処理するケースです。というのは廃車登録をした際に残っている車検期間に応じて金額が返ってきます。ただ中古車買取の際はそのクルマが廃車されるわけではないので返金されません。それから、クルマの名義を変更した場合や、盗まれた場合も返金してもらうことは不可能です。重量税が残っている期間があるクルマを買い取ることは、要するに車検が残っている中古車ということです。その辺りを買取側も考慮しますので、自動車重量税の残存期間があれば、査定額があがるはずです。当然、買取額は買取業者次第で違ってきますが車検期間がまだあることが忖度されれば、クルマの買取金額と比べるとあまり損をするということもありません。