.

FXについての興味深いところは、単独の投資の商品であるがお金を掛ける期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の中からどの期間を選定するかによって、資金を費やす仕方が大きく異なってくるところにあります。まず外国の貨幣へ投資の「長期の投資」に関して詳しく見てみましょう。長期のスタンスとは、一年以上の長期の出資を想定しているのが通常です。だいたい為替の相場で一年以上後々の為替相場が円高と予想するか、それとも円安であるかを推測するということは、たいてい苦難でしょう。正直なところ「そこまで先の未来のことは見当もつかない」となるのが当然だからです。考えられないものをなんとか予測しようとしても、そんなことは無茶苦茶なことです。ですから、他国の貨幣を買い、その買いレートよりも円高だとしてもそれは待っていれば円安に戻るだろうというポジティブな気持ちでやり取りにチャレンジするのが良いでしょう。儲けをがんばって求めることに限定せず、他からの儲け要するにスワップ金利で利益を上げるというのを、まず一つのねらいにして始めてみましょう。当然のことながら短期間で為替差損に損がすごくなることもあります。そういう訳でこのような為替差損があっても大丈夫なよう、レバレッジをできるだけ少なめに抑えることが必要です。FXは差損が決まった範囲以上増えると追い証を求められたりまたはストップロス(ロスカット)がかかったりします。ストップロスになったら、早くトレードを決済することになり、長期のトレードをできなくなります。この種のリスクを回避するためにはレバレッジ2?3倍程度で取引するのがベストです。第二に中期投資の場合の売り買いに関してです。中期のスタンスの場合、一番長くて2ヶ月ほど経った頃を想定してのトレードであります。為替の取引においては、およそ1ヶ月後のことであれば、だいたい推測可能でしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国同士の議会や、為替取引に参加している人たちがどのような点に興味があるかを見れば、ある程度見通しがきくのです。こんな経済情勢を見る一方、グラフを確認することによって、レートの動きを把握できるようになり、トレードを判断するのがいいと思います。基本的に、経済情勢とテクニックのどちらでも光りまたはどちらも買い傾向が一致している時は、おおよそその様に動くと思って大丈夫です。そこで持ち高を増やすとより一層高い利益を得られるはずです。最後は短期の要点です。この短期のトレードが示しているのは言うなればデイトレーディングのことを意味しています。為替相場でデイトレをするにあたりファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は全然関連がないと断定していいです。明日のレートの動向にファンダメンタルズは影響ないからです。ここで最大のコツは注目される事柄がある際それにより為替レートが大幅に変化する時を狙ってトレードしましょう。例を挙げるとアメリカで雇用の情勢が公布される、それとも金利政策等によって金利が変動するような出来事。このような絶好のチャンスに変化を逃してはいけないといった意味合いで、短期スタンスでは多様なデータが必須となる。