.

外国為替市場介入(為替介入)は知っていますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌記事、テレビ、インターネットなどの報道で確認した人もいると思います。

最初から為替介入(外国為替市場介入)は日本の場合、◯大臣(財務大臣)為替の相場の沈着を実現できるように用いる措置ということで考えられています。

簡単に言えば、極端な円高もしくは円安が発生すると財務大臣のお達しにより中央銀行(日本銀行)円を取引して為替レートの安定性を狙うというものです。

為替介入は種類があります。

1.単独介入・・・政府または日銀が、東京市場において自ら市場に加わり為替介入(外国為替市場介入)をする。

2.協調介入・・・複数の銀行などが話し合ったうえで、各々の通貨当局の金を以て同時期にあるいは少しずつ外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・海外の銀行などへの為替介入(外国為替平衡操作)を依頼する。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の銀行などの代わりに介入を実行する。

こんなようなやり方があります。

いずれの外国為替平衡操作(為替介入)もその場、もしくは継続的に為替に多大なインパクトを与えることになります。

為替介入のお金は当たり前のことですが国家の権威をかけているのですからスケールが違うのです。

円を基本にみると、いつもはほんの少し変化する為替レートが突如数円ごとの変化をするのです。

個人で投資をしている人ならば今までに体験したことがあると思いますがこれまでは順当に含み益(または含み損)が多い持ち高を維持していたのですが、維持している持ち高が決済となりましたといった報告がFX業者よりメールが来ました・・・いくら利益が出たのかな(損したのかな)?と思いつつ決済後の報告を確認したところ自分の中で推測していた事とは正反対の状況になってしまい目を丸くしたという例がよくあります。

為替介入が行なわれた際によくあることです。

介入が施行されることで、為替の動向とまったく反対の変化をするものです。

なおかつ変化する金額の大きさはものすごく大きく大きく変動するため用心が必要なのです。