.

ありふれたビギナー向けのFXのテキストでは、「損失を被った時はナンピン買いをすることでポジションの買い付けコストを下げる」等記述されているが、実際にはこれは危険があると考えます。キャッシング 即日振込

まず、ナンピンの手法について分かりやすく説明しておこう。三黒の美酢 口コミ等

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。加圧シャツ

ドル買いのため円安に向うほど儲けが出るわけですが、不幸にして95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。ヴィトックス 口コミ

この場面でポジションを持ち続けたら損がなくなるまでには損失分、円安ドル高が進まなければならない。ベルタマザークリーム 口コミ等

みんな、マイナスは早急に回復したいと願います。プロキオン

そのため最初に売買したのと同じだけの$(ドル)を95円で買い増しする。ロフトベッド おすすめ

それによって、平均のコストは1ドル=97.50円まで低くすることができる。クリアネオ 臭い

結果として、2.50円の幅で円安に推移すれば損失を回復する事ができます。ナイトブラ 人気

それが、ナンピン買いのやり方です。グリーンシェイパー 口コミ

このような、ナンピンの理屈を耳にすると、「もっともだ」という考えになるが外国為替市場はそう簡単に問屋を卸してくれない。

そもそも、1ドル=95円より下がらないとは誰にも分かりません。

もし、マーケットがかなりのドル安の流れであるならば1ドル95円では止まることなくより一層円高ドル安になる可能性は高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをして、95円までドル安になっとしたならばナンピンを入れた分についても、為替差損が生まれてしまいます。

こういう状態では初めに取引したドルと合わさって2倍の損失が生まれる事になります。

それほど、ナンピン買いは大変です。

であるなら、為替があなたのシナリオとは別の方向にすぐに行ってしまった場合いかなる術で危機を避ければいいのでしょうか。

こういう場合には取れる術は2つ。

まずひとつめは覚悟を決めて損を確定する事です。

もうひとつはその時点で、あなたが所持しているポジションを小さくする事で、マーケットがリカバリするのをひたすら待つことだ。

相当受動的な対策だとみる人もいます。

しかし、自分が所有している買いポジションに損失が生じた時正しい術はこれ以上のものは考えられない。

確かに、理論としてはナンピン買いをするという方法もあるように思えます。

だがナンピン買いは自分かマイナスになっている場面で、ポジションを減らすどころか、反対にポジションを積み増していく手法です。

この方法では、リスクを管理することなど、どこをどうやっても無理だと考えるべきです。

ナンピンを続けられればいずれは勝てるかもしれません。

しかし、その前にお金が足りなくなってしまいます。